「リンパ」ってよく耳にはするものの、では実際どんなもの?どんな役割をするの?となると頭の中には「???」となるのではないでしょうか。
ここではリンパについて、そしてどうダイエットと関係があるのかご紹介します。
img_20161030-010619.jpg
リンパ液が運んでくる毒素は全身に回らないよう各所にあるリンパ節が濾過してくれます。
リンパの流れが滞ると、余分な水分や毒素が体内に蓄積され、免疫機能や栄養素の取り込みも正しく行われなくなり、むくみ、痛み、こり、顔のたるみ、肥満、セルライト、疲労と言った体調不良の原因となります。
経絡リンパマッサージは、自然治癒力を最大限に引き出すマッサージ法で、西洋医学の概念である「リンパ」への処方(リンパドレナージュ)に、東洋医学の概念である「経絡(けいらく)」への処方(つぼ押し等)を加えたものです。東西両医学の理論と技術を組み合わせることにより、自然治癒力を最大限に引き出し、体の深部から健康になることで、不調を緩和し、病気の予防や美容の維持、ダイエット等の健康維持が可能となります。
経絡やリンパの流れが滞ると、むくみや痛み、コリ、疲労、体調不良、免疫力の低下等の症状が現れます。経絡リンパマッサージは、「経絡」と「リンパ」の双方に共通する「流れ」に着目し、その流れを改善していきます。これにより、全身のバランスが整えられた結果、血行の促進と免疫機能の改善がなされると共に、体に溜まった余分な水分や老廃物等を排泄し、体の内側から健康できれいな体を取り戻すことができます。
リラクゼーションの観点からも、優しすぎるリンパドレナージュでは物足りない、かといって、アジア式の痛いのは・・・と言う日本人の感覚にマッチした処方と言えるでしょう。※東洋医学の概念である経絡とは、気血の通り道として考えられており、経絡の中を流れているのは、気血というエネルギーです。この気血の巡りが良くなると、血行が促進されることや、免疫機能が改善されることにより、健康的な体を取り戻すことができます。つまり、気血の流れが良い、滞りの無い体を健康と言うことができます。
以上、経絡とは、生命活動を維持するためのエネルギーの通り道であり、体内における気血の循環のバランスを良くすることで、症状の改善や、病気の予防が可能となります。

心の状態と身体の状態は連動することに関心を持ち続けて、心理カウンセラーの勉強をしていたのですが、身体のコンディションを整える事で心の状態が良くなる事を自らが実感して「心→体」ではなく「体→心」へのアプローチの方が有効であると気付かされる出来事がありました。
***
気分が落ち込み、身体も凝り固まって不調だったのでリンパマッサージを受けました。
とにかく辛い身体の不調を改善してくれさえすれば良いと思っていたのですが、驚いたことに最もその効果が顕著に表れたのは、「顔」だったのです。たまたま、予約した日に自撮りしていたので、恥ずかしながらその写真を!

img_20161106-220854.jpg  img_20161106-220919.jpg

これは同じ日です。Afterの写真はファンデーションを塗ってるので白く映っているだけで写真の補正は一切ありません。
顔には全く触れていないのに、首から下のリンパを流して毒素を排出すると、最も早く変化が現れるのが「顔」だったとは・・・。
この「顔の変化」は、体調の変化が良くなった事を明確に表しています。体調が良くなれば自ずと気分も前向きになります。

とにかく、身体を芯から休ませて、「めぐり」を良くすること!
空間にも強いこだわりを持ち、最高の時間となりますことを心より願っております。

「ちょっと心身、落ちてきなぁ」と思ったら、すぐにリセットしてください。免疫力が落ちて、病気になってしまう前にご自身を労われば、すぐに回復して、充実した日々を送れるようになります。

食生活に乱れのある方には、ちょっとした工夫で、簡単に体の巡りを良くする食生活に変えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です