• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.01.21

【WRESTLE-1】「みんな船木誠勝を避けて通って武藤敬司に辿り着こうとしてる」。船木と遺恨の鈴木秀樹がW-1勢に言葉の爆弾投下!! 

記事&画像提供:WRESTLE-1
1月20日(火)、WRESTLE-1より、鈴木秀樹のインタビューが届いた。現在ZERO1を主戦場とする鈴木は、昨年末のWRESTLE-1後楽園ホール大会に参戦。船木誠勝&KAIとタッグマッチで激突した。試合は延長戦の末にノーコンテストとなり不完全燃焼。その後リング上で船木に向かって、「みんなおまえに気を遣ってんだよ。俺は気を遣わねぇんだよ、バカ野郎!」と発言し、さらに遺恨を深める結果となった。果たして鈴木の発言の真意とは……?

Q.昨年末のWRESTLE-1後楽園ホール大会のリング上で船木選手にむかって「みんなおまえに気を遣ってんだよ」という発言がありましたが、その真意を教えてください。

鈴木 「言葉のとおりですね。みんな気を遣っている。船木さんがプロレスに復帰してからちょいちょい試合を観てたんですけど、昔パンクラスとかでやってたときの船木さんのほうが好きでしたね」

Q.格闘技界の先輩として尊敬されているということですか?

鈴木 「そりゃ尊敬してますよ。だからこそなんでみんな気を遣うのかって。ボクなんかもファンとして船木さんを観ていて、プロの選手ってどのぐらい凄いのかって思っている部分がありましたからね。根本はそのままです。船木誠勝はどれぐらいすげぇのかって。みんなボクから見たら抑えてやってる感じがして。ボクのこの間の行動は『いや船木誠勝、ぜんぜん凄いでしょ』ってことなんですよ。船木誠勝本人も悪いけど、周りも悪い。船木誠勝が力を出してないってのもあるかも知れないけど、プロレスは相手がいてのことですから」

Q.そういった思いから「気を遣っている」という発言に繋がっていったということですか?

鈴木 「皆さんが思っていることを言ってあげただけですよ。ボクは普通にやっているだけですから。表現として『気を遣っている』となっただけで。先輩後輩もそうだし、誰に教わった、何年やっています、何をやってきました、そんなことリングに上がったら関係ないですからね。そのバックボーンにビビってるんですよ。これはまだボクがWRESTLE-1にそんなに上がっていないからわからないですけど、みんな船木誠勝を避けて通って武藤敬司に辿り着こうとしてるんですよ。だから気を遣っているって見えるんです」

Q.では1月30日のWRESTLE-1の後楽園ホール大会で船木選手&黒潮“イケメン”二郎選手組と対戦しますが、黒潮選手については何か思うところはありますか?

鈴木 「そもそもそんなにイケメンじゃないんじゃないかって前から思っていて。その辺を皆さんに聞いてみたいですね。それぐらいです」

Q.ではまだWRESTLE-1にそこまで上がってない中で、WRESTLE-1を外から見てどのようなイメージをお持ちですか?

鈴木 「たぶん皆さんと同じですよ。イコール武藤敬司。やっぱり武藤さんの存在感というか。一緒の大会に出ても、外から見てもそれを感じますね。武藤敬司の世界なんだなって思います」

Q.では先ほど「船木誠勝を避けて武藤敬司に辿り着こうとしている」とおっしゃっていましたが、武藤敬司の世界と表現されたWRESTLE-1の中で船木選手はどういった存在だと思いますか?

鈴木 「武藤さんとは違う意味で船木さんも同じようなポジションでいると思うんです。なのにそこを避けて、触れないように気を遣ってみんな武藤さんのほうにいってるんですけど、それだとファンは納得しないと思うんです。だからボクは『内部の人間がやらないならそこに俺がいっちゃうよ?』ってことです。中の選手いかないじゃないですか。試合でなんかやって、ボコボコにやられたり、あとで怒られたりするのが怖いんでしょ? でも勝負をしないならレスラー辞めたほうが良いですよ。勝負しないことは負けることよりダメだと思うし。だからこの間のパートナー、KAI選手? KAI選手も船木誠勝を止めるんじゃなくて、なんで俺に殴り掛かってこないのかな? って。それにもっと言うと、船木誠勝とやるのは他の選手とやるより楽しいです。思いっきりやれるんで。ボクなんか船木さんよりキャリア全然ないじゃないですか。これだけキャリアの差があるのにあんなにムキになって向かってきてくれる、こんなに面白いことないですよ。他の同じぐらいのキャリアの選手とか、例えば今度組む小幡(優作/ZERO1)だって、じゃあZERO1のベルト持っている俺に向かってきたのかってこと。ただただ普通に試合しているだけで、船木さんほど面白いと思ったことは一度もないからね。だからそういう空間に相手のパートナーのイケメン選手が入って、ちゃんとついてこれるのかって疑問はありますね」

Q.では最後に、ファンの皆さんに一言お願いいたします。

鈴木 「またみんなが心の中で思っていることをボクが言ってあげるんで見に来てください。言っちゃいけないことも言います」
WRESTLE-1『WRESTLE-1 SUNRISE TOUR 2015~New Year Fight~』
■2015年1月30日(金) 東京・後楽園ホール 試合開始/18:30

[KASSENスペシャルタッグマッチ〜WRESTLE-1 vs ZERO1対抗戦〜]
船木誠勝&黒潮“イケメン”二郎
vs
鈴木秀樹〈ZERO1〉&小幡優作〈ZERO1〉

[WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
KAZMA SAKAMTO&土肥孝司
〔挑戦者組〕
※カズ&近藤は4度目の防衛戦。

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第2代王者〕
武藤敬司
vs
征矢学
〔挑戦者/new Wild order〕
※武藤は2度目の防衛戦

[KASSENスペシャルシングルマッチ〜WRESTLE-1 vs ZERO1対抗戦〜]
稲葉大樹
vs
田中将斗〈ZERO1〉
 
>