• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.03.06

【WRESTLE-1】「Too Sharpですよ、表現したいものは」。Road to Cruiser Division インタビュー⑦―田中稔

記事&画像提供:WRESTLE-1
クルーザーディビジョン賛同選手インタビュー7人目は田中稔。大阪大会でのタッグ王座戦で苦杯を舐めさせられたカズ・ハヤシを一騎打ちで撃破し、本来の実力を見せつけた。先日はZERO1のジュニア二冠を奪取し、自身の持つEWPインターコンチネンタルのベルトを含め三冠王となるなど、勢いに乗っている。実績、実力は申し分ないチャンピオン候補筆頭は一体何を思うのか?
Q.クルーザーのベルトの新設が決定いたしましたが、改めていまの心境を教えてください。

稔 「カズさんが最初にクルーザー級の世界を作ると言ったじゃないですか。その世界を作るのであればボクはベルトを作るほうがいいんじゃないのかなぁ~って思っていて。それで大阪のリング上にボクとカズさん含めて8人の人間が上がって、競い合いたいというのであれば一番を決めるというのが普通なんじゃないかと思って。ベルトができると決まったのであればみんなのモチベーションが上がるようなカッコいいのを作ってもらいたいです」

Q.クルーザー級の規定やルールがまだ何も決まっていない状態ですが、稔選手にとってクルーザー級というものはどんなイメージをお持ちですか?

稔 「カズ選手は一瞬たりとも目が離せないなんて言ってましたけど、やっぱりキレですよね。他の階級と違うものって、まあヘビーとジュニアもそうなんですけどキレのある攻撃だったり動きですよね。試合自体にキレがあるというか。ボクと世起クンのタッグチームの“Too Sharp”なんてまさにそうですよね。キレです。キレのある試合というかToo Sharpですよ、表現したいものは」

Q.吉岡世起選手とのタッグチーム“Too Sharp”のお話しがありましたが、吉岡選手はコメントで、稔選手もライバルだとおっしゃっていましたがいかがでしょうか?

稔 「そうですね。タッグを狙うとしたらタッグパートナーですけど、やっぱりクルーザーディビジョンのベルトはシングルですから。やっぱり競い合う相手のひとりということになります。頭からタッグパートナーということは外します。クルーザーディビジョンのメンバーの中で、例えば今度の横浜みたいにタッグマッチとかであれば世起クンと組むだろうからそのときは勿論パートナーですけど、ベルトを争奪するうえで当たるのであればガッチリいきます。散々タッグ王座戦の前にカズさんから『本気になれ』とか、世起クンにまで言われていましたけどもうバリバリ本気なので。みんなに心配されることは何もないので。誰がきても初代王者というものを譲る気はないです」

Q.誰がきても、とおっしゃられていますが、特に気になる選手はいますか?

稔 「全員気になります。誰も気にならないとかじゃなくて、全員。みんな本気なのだろうなと思うし。とりあえず近いところでは大和選手とシングル決まっているので。そこで対戦することで、本気度がわかるのかな、と。だからもうカッコつけて誰も気にならないとかじゃなくて、全員が気になる。全員と当たりたいしね」

Q.最後にこれからのクルーザーの闘いに向けての意気込みをお願いいたします。

稔 「ボクが昔新日本に上がり始めたころ、ヘビーよりジュニアのほうが面白いと言われていて。世界最高峰だと。カズさんが言っていたようにどっちが上、どっちが下というわけではないですけど、観に来たお客さんにクルーザー級一番面白かったな、と言われるような世界観を作っていきたいので。久々にやる気満々というか、モチベーションが上がっているので。とにかく初代チャンピオン目指してがんばりたいと思います」

「全員気になる」という言葉を発する姿からは油断や慢心は一切感じられない。実績、実力を兼ね揃えた三冠王はWRESTLE-1に新設されるクルーザーのベルトを奪取できるのか!?


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 TRANS MAGIC』
■2015年3月7日(土) 神奈川・横浜ラジアントホール 試合開始/17:00

[第1試合/シングルマッチ/15分1本勝負]
熊ゴロー
vs
芦野祥太郎

[第2試合/WRESTLE-1 vs 東京愚連隊/タッグマッチ/30分1本勝負]
近藤修司&稲葉大樹
vs
NOSAWA論外〈東京愚連隊〉&MAZADA〈東京愚連隊〉

[第3試合/WRESTLE-1 vs DESPERADO/シングルマッチ/30分1本勝負]
中之上靖文
vs
KAZMA SAKAMOTO〈DESPERADO〉

[第4試合/6人タッグマッチ/分1本勝負]
船木誠勝〈イケメン侍〉&黒潮“イケメン”二郎〈イケメン侍〉&村瀬広樹
vs
AKIRA〈new Wild order〉&征矢学〈new Wild order〉&児玉裕輔

[第5試合/Road to Cruiser Division タッグマッチ/30分1本勝負]
カズ・ハヤシ&藤原ライオン
vs
田中稔〈Too Sharp〉&吉岡世起〈Too Sharp〉

[第6試合/WRESTLE-1 vs DESPERADOイリミネーションマッチ/時間無制限1本勝負]
KAI&大和ヒロシ&浜亮太&アンディ・ウー
vs
河野真幸〈DESPERADO〉&TAJIRI〈DESPERADO〉&土肥孝司〈DESPERADO〉&エル・イホ・デル・パンテーラ〈DESPERADO〉
※オーバー・ザ・トップロープルールを採用


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 TRANS MAGIC』
■2015年3月8日(日)東京・後楽園ホール 試合開始/12:00

[第0試合/シングルマッチ/15分1本勝負]
熊ゴロー
vs
芦野祥太郎
※11:45開始

[第1試合/WRESTLE-1 vs DESPERADO/10人タッグマッチ/30分1本勝負]
浜亮太&アンディ・ウー&稲葉大樹&村瀬広樹&藤原ライオン
vs
河野真幸〈DESPERADO〉&TAJIRI〈DESPERADO〉&KAZMA SAKAMOTO〈DESPERADO〉&土肥孝司〈DESPERADO〉&エル・イホ・デル・パンテーラ〈DESPERADO〉

[第2試合/KASSENスペシャルシングルマッチ〜WRESTLE-1vsZERO1対抗戦〜/30分1本勝負]
中之上靖文
vs
鈴木秀樹

[第3試合/Road to Cruiser Division シングルマッチ/30分1本勝負]
吉岡世起
vs
児玉裕輔

[第4試合/Road to Cruiser Division シングルマッチ/30分1本勝負]
田中稔
vs
大和ヒロシ

[第5試合/WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ次期挑戦者決定戦3WAYマッチ/時間無制限1本勝負]
船木誠勝〈イケメン侍〉&黒潮“イケメン”二郎〈イケメン侍〉
vs
AKIRA〈new Wild order〉&征矢学〈new Wild order〉
vs
NOSAWA論外〈東京愚連隊〉&MAZADA〈東京愚連隊〉

[第6試合/KASSENスペシャルタッグマッチ〜WRESTLE-1vsZERO1対抗戦〜/30分1本勝負]
カズ・ハヤシ〈チーム246〉&近藤修司〈チーム246〉
vs
田中将斗〈ZERO1〉&小幡優作〈ZERO1〉

[第7試合/WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第2代王者〕
武藤敬司
vs
KAI
〔挑戦者〕
※武藤は3度目の防衛戦
 
>