• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.03.31

【WRESTLE-1】公開計量は4選手が問題なくパス!! W-1初代クルーザー王者決定トーナメント出場選手が意気込みを発表!!

3月31日(火)、都内・GSPメディアセンターにて、WRESTLE-1クルーザーディビジョンのベルト公開会見及び4・1後楽園ホール大会にて1回戦に出場する選手が公開計量を行なった。会見ではエル・イホ・デル・パンテーラがスペイン語でまくしたて、一方的に会見場を出て行ってしまうという場面もあった中で、各選手とも初代王者に向けての意気込みを語った。また計量を行なった4選手はどの選手とも問題なくパスした。以下、会見での選手コメント。

【田中稔のコメント】
「いよいよクルーザーディビジョン初代王者決定トーナメントが始まるわけですけど、当初からベルトを作るのであれば選手のモチベーションがガツンと上がるようなカッコいいベルトを作ってほしいと言ってきました。で、今初めて見ましたけどモチベーションがガツンと上がりました。カッコいいベルトだなと。とにかくこのベルトを巻きたいという気持ちが強い。もちろんみんなそうだとは思いますけど、まずは明日、1回戦突破したいと思います」

【吉岡世起のコメント】
「稔さんとカズさんが作ると言ったクルーザーディビジョンの世界、ここをボクがその2人を超える場所にしたいと思います。その上でWRESTLE-1のベルトを巻きたいと思います」

エル・イホ・デル・パンテーラはスペイン語でアンディ・ウーに向け何やら挑発的な言葉を発し、そのまま会見場から立ち去ってしまう……。

【アンディ・ウーのコメント】
「いま汚いスペイン語浴びされましたけど、明日のリングでアイツを叩き潰して5月5日のリングに上がりたいと思います」

【カズ・ハヤシのコメント】
「カッコいいベルトができあがったので。これを獲り、ボクが初代チャンピオンになります。未来、未来と言って未来を考えると、まあ児玉選手がボクに土をつけるということを考えているのかもしれませんが、ボクは今現在のWRESTLE-1というものを見せるために自分が勝ち上がって、決勝で闘う稔選手が勝ち上がって、メイクドラマ? それを見せます」

【児玉裕輔のコメント】
「児玉でございます。ベルトもお披露目になっていよいよ始まるな、という感じです。今回自分は内容でも、勝敗でも、両方ともこだわってトーナメント勝ち上がっていきたいと思います」

【大和ヒロシのコメント】
「大和ヒロシです。ベルト、いい色のベルトだと思います。ただどんな色であろうと絶対に獲るという気持ちに変わりはありませんので、このトーナメントを勝ち上がって真っ先に頂点に辿り着きたいと思います。またその真っ先に辿り着きたいという思い……ここ数日にいろいろと思うことがありまして。チャンピオンになればまた自分の意見も通りやすくなると思いますので、この未来を新しく築くためにも必ずこのベルト獲りたいと思います」

【藤原ライオンのコメント】
「藤原ライオンです。このめっちゃカッコいいベルトできあがって、モチベーションがさらに上がりました。このクルーザー級の選手全員を超えて初代チャンピオンになります」

公開計量は4・1後楽園ホール大会で1回戦を闘う田中稔、吉岡世起、アンディ・ウー、エル・イホ・デル・パンテーラ(※パンテーラはひとりだけ別で計量)の4選手が行ない、問題なくパス。ベルトも完成し、いよいよ明日から本格的にクルーザーの闘いが始まる!
記事&画像提供:WRESTLE-1
WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 Cherry blossom』
■2015年4月1日(水) 東京・後楽園ホール 試合開始/18:30

[第8試合/WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第3代王者〕
KAI
vs
鈴木秀樹
〔挑戦者〕
※KAIは初防衛戦

[第7試合/WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組/チーム246〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
AKIRA&征矢学
〔挑戦者組/new Wild order〕
※カズ&近藤は6度目の防衛戦

[第6試合/WRESTLE-1vsDESPERADO/6人タッグマッチ/30分1本勝負]
武藤敬司&浜亮太&中之上靖文
vs
河野真幸&崔領二&KAZMA SAKAMOTO

[第5試合/『WRESTLE-1クルーザーディビジョン初代王者決定トーナメント』1回戦/時間無制限1本勝負]
田中稔
vs
吉岡世起

[第4試合/『WRESTLE-1クルーザーディビジョン初代王者決定トーナメント』1回戦/時間無制限1本勝負]
アンディ・ウー
vs
エル・イホ・デル・パンテーラ

[第3試合/WRESTLE-1vsDESPERADO/タッグマッチ/30分1本勝負]
船木誠勝&黒潮“イケメン”二郎
vs
TAJIRI&土肥孝司

[第2試合/6人タッグマッチ/30分1本勝負]
大和ヒロシ&児玉裕輔&藤原ライオン
vs
NOSAWA論外&MAZADA&村瀬広樹

[第1試合/シングルマッチ/30分1本勝負]
熊ゴロー
vs
芦野祥太郎
 
>