• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.04.03

【WRESTLE-1】「この会社の中の人間が誰も獲ったことのないタイトルも獲ってきている」。鈴木に挑戦の浜が自信のコメント!!

記事&画像提供:WRESTLE-1
4月2日(木)、都内・WRESTLE-1事務所にて4・1後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。会見にはKAI、浜亮太が出席。5・5WRESTLE-1後楽園大会において、浜のWRESTLE-1チャンピオンシップへの挑戦が決定したが、王座を鈴木秀樹に奪われたKAIは言葉少なく、そんなKAIに対してタッグパートナーでもある浜は厳しい言葉を発した。新王者・鈴木に対し、浜はどのような気持ちで臨むのか?

KAI 「言い訳はしません。自分が弱いから負けました。ベルトは失いましたがWRESTLE-1を引っ張っていくという気持ちは失っていません。これからもまた改めて精進します」

浜 「まあ精進するんだったら今すぐ精進したほうが良いいんじゃないの? 負けた人が一夜明けの会見なんて俺見たことないし。今から精進したほうが良いんじゃない? 練習してこいよ」

※KAIが退場。
浜 「あくまでボクの持論ですけど、チャンピオンになったかもしれないけど自分のことが対してしっかりできてもいないのにファンのためだとか会社のためだとか、俺とは考え方が全然違うんだよ。自分のことができて初めてファンのため会社のためっていうのができると思っているので。まず己のことをしっかりとやらないとダメなんじゃないのかなと。そういう浮き足立ったところがあるから昨日も簡単に足元すくわれて5、6分で負けちゃうんだよ。そういうヘタレの言い訳を聞くつもりもないし、これからは別に一緒にやっていくつもりもないし、セコンドについてほしいとも思わない。俺はもう俺が行かなきゃダメだと思うからね。俺が行かなきゃベルトを取り戻せないって思ったんだよ。確かにダブルアームっていう技にあれだけの説得力を出せる選手は鈴木秀樹しかいないと思うし。久々のタイトルマッチですけど大舞台でやってきた自負はあるので。あとはもう過去最高の体重で挑めば絶対に投げられないと思うので。自分の人生の中で最高のコンディションでタイトルマッチに挑みたいと思います」

Q.今までで最高の体重は何キロぐらいあったのでしょうか?

浜 「225kgかな。今もそのぐらいです。やっぱり今までこの体重を武器に相撲もプロレスもやってきたから。相撲でもいっぱい怪力自慢の人いる中で、持ち上げられたことないから」

Q.鈴木選手が試合後の浜選手の挑戦表明を受けて、「去年何をやってきたのか? 前座でお茶を濁してきたんじゃないのか?」という厳しい言い方をされていましたが?

浜 「別に厳しくない、去年だけでしょ? その前だって俺この会社の中の人間が誰も獲ったことのないタイトルも獲ってきているし。1回ベルトを獲っただけで上から言うのもおかしいと思うし。今は人食いザメでもアザラシに食われる世界だから。あんまりそういうこと言っていると痛い目にあうよって感じです」

Q.当日の体重はどのくらいで臨みたいとお考えですか?

浜 「いけるところまで」

Q.体重を増やすためにどのくらい食べよう、など考えていることはありますか?

浜 「もともと力士ですからね。体重を増やすプロですから。誰よりもそういうのは知り尽くしています。昔相撲の巡業が3週間あったんですけど、初日の浴衣が最終日に着れなくなっていたことはあります。たぶん20kg近く増えたんじゃないかな。1週間で8kg太ったこともあります。今はステーキ3kgは食べてます」

Q.鈴木選手のダブルアームスープレックスに対して考えてることはありますか?

浜 「警戒はしていないです。上がりようがないので。あの体勢になったところで上げようがないし、鈴木選手の相手で過去最大じゃないですか? 経験がないだろうからそこを突いていこうと思います。パワーも体重もボクのほうが上なので。スリーパーは首ないですからね。規格外なんで。まあ素振りが生意気な感じなんで、ボクがカァーッときて足元すくわれないようにするだけじゃないですか?」


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 TRIUMPH』
■2015年5月5日(火・祝) 東京・後楽園ホール 試合開始/18:00

【追加対戦カード】
[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第4代王者〕
鈴木秀樹
vs
浜亮太
〔挑戦者〕
※鈴木は初防衛戦

【既報対戦カード】
[WRESTLE-1クルーザーディビジョン初代王者決定トーナメント準決勝第1試合/時間無制限1本勝負]
田中稔
vs
エル・イホ・デル・パンテーラ

【参戦決定選手】
ザ・グレート・カブキ
>