• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.05.07

【全日本プロレス】IGF勢来場せず……諏訪魔、Evolution対決で怒りの大暴れ!! 潮﨑&宮原が世界タッグ王座戴冠!! 5・6全日本後楽園大会試合結果!!

全日本プロレス『2015 スーパーパワーシリーズ』開幕戦
■2015年5月6日(水・祝) 東京・後楽園ホール 観衆:711人(主催者発表)

[第1試合/シングルマッチ/20分1本勝負]
○ 野村直矢
(6分3秒、逆エビ固め)
✕ 青柳優馬

[第2試合/シングルマッチ/20分1本勝負]
○ 渕正信
(11分16秒、首固め)
✕ 井上雅央

[第3試合/タッグマッチ/30分1本勝負]
○ 石井慧介&梅田公太
(8分4秒、ニールキック→片エビ固め)
✕ 中島洋平&鈴木鼓太郎

[第4試合/シングルマッチ/30分1本勝負]
○ 大森隆男
(7分8秒、アックスボンバー→片エビ固め)
✕ KENSO

[第5試合/Evolution対決スペシャルタッグマッチ/60分1本勝負]
○ 諏訪魔&青木篤志
(14分36秒、ラストライド→体固め)
✕ 佐藤光留&ジョー・ドーリング

[第6試合/アジアタッグ選手権試合/60分1本勝負]
〔第97代王者組〕
○ 金丸義信&ウルティモ・ドラゴン
(19分40秒、ブルーサンダーを切り返す→片エビ固め)
✕ SUSHI&秋山準
〔挑戦者組〕
※金丸&ウルティモが初防衛に成功

[第7試合/世界タッグ選手権試合/60分1本勝負]
〔挑戦者組〕
○ 宮原健斗&潮﨑豪
(23分00秒、パッケージジャーマンスープレックスホールド)
✕ 吉江豊&曙
〔第69代タッグ王者〕
※曙&吉江が初防衛に失敗。潮﨑&宮原が第70代王者となる
前日IGF大阪大会に乱入し、標的とした藤田和之とサイモン猪木にこの後楽園大会への来場を促した諏訪魔だが、IGF勢は姿を現さず。Evolution対決となった試合ではIGF勢に渡していたチケットの席のイスを使い、佐藤光留をめった打ちにした。試合後も、「あえてスカしてんのか? 逃げてんのか? 俺は決心が固まってんだ。絶対に許さない。回答を求める。逃げたとしか思えない」と怒りが収まらない様子だった
この日はSUSHIと組んでアジアタッグに挑戦した社長の秋山は、IGF勢が来場しなかったことに関して、「来ないということはやる気がないんじゃない? あれだけ言っておいてスカして。俺だったらない」とコメント。しかし、「俺も外に出た経験があるから、ダメっていうのはない。あとは諏訪魔の気持ち次第」と、諏訪魔の後押しをする気持ちには変わりはないようだ。だが、「諏訪魔の気持ちを踏みにじったということは覚えておく」とこちらも怒っている様子だった
>