• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.05.07

【WRESTLE-1】W-1チャンピオンシップ次期挑戦者決定戦はKAI、近藤、征矢、河野の4WAYマッチに決定!!

5月7日(木)、WRESTLE-1が都内・GSPメディアセンターで記者会見を実施。5・16新宿FACE大会の追加対戦カードとして、田中稔vsTAJIRIのEWPインターコンチネンタル選手権試合と、WRESTLE-1チャンピオンシップ次期挑戦者決定4WAYマッチ、KAIvs近藤修司vs征矢学vs河野真幸の2カードが発表された。会見にはWRESTLE-1チャンピオンシップの時期挑戦権を争うKAI、近藤、征矢が出席。それぞれ意気込みを述べた。また、河野は別室でコメントを発表している。

【KAIのコメント】
「昨日のリング上でみんなから言われたことも、ファンのみんなからブーイングされたことも、俺はもう受け入れるし。こうなったのはもう自分の責任なんで。自分のケツは自分で拭かなきゃいけないと思うんで。本当に俺の問題だと思うので。この4WAYマッチというチャンスをもらったので。必ずチャンスをものにして、俺が必ず鈴木秀樹からベルトを獲り返します。自分のことを一人でも応援してくれるファンがいる限り、俺はその人の、その人たちの達のために闘います。そしてベルトを獲ります」

【近藤修司のコメント】
「まぁ会場にいた方はわかると思うんですけど、多分ボクがお客さんからの支持率が一番あったんではないかと。それプラスこの団体の中でタッグベルトを持っていると。今何回か防衛しているけど、実績もある。まぁボクが一番ふさわしいんじゃないかと。征矢に至ってはお客さんの支持率ゼロですし、論外。河野は団体のためという気持ちがなければ鈴木には勝てない。この4WAYにも勝てないと思います。KAIはね、他団体に流出させたA級戦犯ですから。ここにいるのもボクはどうかと思っています」
記事&画像提供:WRESTLE-1
【征矢学のコメント】
「タイトルマッチに挑戦ということでですね、会場で一番支持があったのは間違いなくボクかな、と。まぁお客さんが鈴木対征矢を望んでいるんじゃないかと。試合終わった後リングに上がった後、そういう歓声を耳にしたので。やっぱりファンの気持ちに応えて。4WAYでやるんですけど、必ず私が挑戦権を獲って、鈴木秀樹に挑戦したいと思っております。ただひとつ気に食わないのが、なぜ負けたKAIが鈴木秀樹に挑戦するのか。これでいいのかと、会社に問いたいと私は思います。負けたヤツがもう一度すぐに挑戦できるのはおかしいだろと。そういう気持ちであります」

Q.改めて鈴木秀樹選手の印象を教えてください。

KAI 「前々回負けているんで。そりゃ強いですよ。強いですけどWRESTLE-1に対して愛がないと思いますし、WRESTLE-1のベルトに対しても愛がない。やっぱりそこはボクのほうが絶対あるので。そこでは負けない。本当に超えていかなきゃいけない壁ですね」

近藤 「彼は強さが一番の象徴だと思っていますが、プロレスってそれだけがすべてじゃないので。そんな強い彼にも弱点はあります」

征矢 「チャンピオンはですね、鈴木という日本人でも最も多い苗字ではないかな、と。プロレスラーで鈴木秀樹選手、たくさんいますよね? だからどこの鈴木なのかと。で、下の名前は秀樹だと。まぁ“ヒデキ、感激”じゃないですけども、そんな彼にも鈴木という日本人らしい名前があるのだなと、実感しました。以上です」

Q.4WAY戦というカタチであり戦略が非常に大事になると思われますが、その点に関しては考えていることはありますか?

KAI 「そうですね、4WAYというのは自分も初めての経験なので。やってみなきゃわからないというのもあるんですけど、このボク以外の3人にはシングルで実際勝っているので。まぁでもそこに驕らず、これから4WAYの研究をしたいと思います」

近藤 「たぶん頭がよくないと4WAYって勝てないと思うので。これは勝ち抜け? まぁバカなヤツは勝てないでしょうね」

征矢 「まぁ御三方がどういうふうに言っているかはわかりませんけど、これシングルマッチではないわけじゃないですか。頭が良いっていうのも確かに必要かもしれない。でも一番必要なのはワイルドさです。ワイルドさっていうことはこれ山にこもったらですね、自然との闘いということになります。ということはイコール運がよかったら勝てるということになります。要するに勝ち負けは時の運というか、頭が良くても悪くても運が良ければ勝てると。まぁこの4WAYを越えてチャンピオンシップに臨みたいと思っております」

【別室での河野真幸のコメント】
「昨日リング上で言ったのがすべてですけど、そもそもこの4人でやる必要があるのか。これは会社が決めたのか、鈴木秀樹が決めたのかわからないけど…まぁ別にやる分にはいいよ。いいけどただこれが正しい選択かどうかは俺には疑問が残る。まとめてやれって言うんだったらチャンピオンも来いよって。結局誰かひとりと1対1じゃないとやらないってことだろ? そもそも状況はどうあれあのベルトは俺の物だし。返せって話。別にWRESTLE-1のリングにもう出ませんっていうのは、もういいよ出なくて。ベルトを俺に返せ。あとまぁ近藤、征矢、KAI…ま、いつも通りDESPERADOのやり方で。勝てば挑戦権だよな? 一番最初に取ればいいんだな? とにかくあれ俺のベルトだから。返せってこと」

Q.改めて鈴木秀樹選手に対してどんなイメージをお持ちですか?

河野 「いや別に。なんですかね? 対WRESTLE-1という、WRESTLE-1とケンカするという意味では別に敵対心みたいなものはないけど。ただあのベルト持ってどっか行くとか、もう来ないと言われると、人の物を持っていったらダメだよ? って。それは武藤敬司にも言えることだけど。さっさと返せってことですよ。そのベルト持ってとりあえず俺あのトーナメントに出たいから。『Road to MUTO KEIJI』? とりあえずリベンジしないとさ。あんな両国で負けたことにされているからさ。チャンピオンの言うことがなんでも通るならさっさとベルト獲って、武藤敬司とまたやらせろと。あんなトーナメントで若いヤツらの相手している場合じゃないって。自分を大事にしろって。もう残された数少ない現役での試合なんだから無駄打ちするなって。これは俺の武藤敬司に対する愛情ですよ。WRESTLE-1、武藤敬司に対する愛情が違いますよ、他のヤツらとは」

Q.高木三四郎さんがWRESTLE-1のCEOに就任しましたが、DESPERADOとしては何か動くつもりはあるのでしょうか?

河野 「変わらず。ただボクらに火の粉が降りかかってくる場合は身を守るし手段は選ばない。無効もプレイヤーですから。一応レスラーなんで、リング上で決着つける方法というのもあるし、あと別にDDTの会場に行けばいるんでしょ? DESPERADOに、俺に何か迷惑がかかった場合はどこまでも行きますよ。ただ今のところは何もないし、あの人はあの人で自分の仕事をしに来ているわけだから。特に今のところは様子見。何かあったらまたDESPERADOが発動しますよ」


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 ROYAL BATTLE WEEKEND』
■2015年5月16日(土) 東京・新宿FACE 試合開始/18:00

【追加対戦カード】
[EWPインターコンチネンタル選手権試合/3分12R1本勝負]
〔王者〕
田中稔
vs
TAJIRI
〔挑戦者〕
※稔は2度目の防衛戦

[WRESTLE-1チャンピオンシップ次期挑戦者決定戦4WAYマッチ]
KAI
vs
近藤修司
vs
征矢学
vs
河野真幸
※4選手が同時に闘い、最初にフォール、ギブアップを獲った選手が次期挑戦者となる。なおその時点で試合は終了

【既報カード】

[『Road to KEIJI MUTO』1回戦/30分1本勝負]
村瀬広樹
vs
黒潮”イケメン”二郎

[『Road to KEIJI MUTO』1回戦/30分1本勝負]
藤原ライオン
vs
芦野祥太郎

[『Road to KEIJI MUTO』1回戦/30分1本勝負]
アンディ・ウー
vs
吉岡世起

[『Road to KEIJI MUTO』1回戦/30分1本勝負]
熊ゴロー
vs
ジェイ・フレッディー


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 ROYAL BATTLE WEEKEND』
2015年5月23日(土) 東京・新宿FACE 試合開始/18:00

[WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
NOSAWA論外&MAZADA
〔挑戦者組〕
※カズ&近藤は7度目の防衛戦
>