• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.05.21

【WRESTLE-1】原点回帰!? 大和、試合開始前に『大和チャレンジ』開始を宣言!!

5月21日(水)、WRESTLE-1の大和ヒロシから、WRESTLE-1に対して提案があったという。クルーザーのトーナメントで敗北したことで、本来の姿に戻るべきだと感じたと言うのだ。大和の新たな決意と挑戦とは一体どんなものなのか!?

大和 「今日お話ししたいことは…まぁクルーザーのトーナメントで決勝まで行くこともできずに負けてしまいまして。まぁあの時にですね、今までやってきたことをリングに持ち込まず、純粋にプロレスだけで勝負するということをやってみたんですけど、多分今のボクだとあそこが頭打ちになってしまうと思うんですよ。やっぱりあそこから先に行くにはもう一回いろんなことをやる本来の大和ヒロシに戻らなければならないな、と。そして本来の大和ヒロシに戻るだけでなく、そこからさらに広げていくのが大和ヒロシだと思うので。それを思った時に、じゃあ昔の自分はどうだったのかと思ったら『大和タイム』っていうことをやっていたんですよ。その中で心の打たれ強さとかいろんな部分が鍛えられてきたと思うんですよね。ですからもう一回この『大和タイム』を復活させることにより、自分を高みに連れて行きたい。また今の大和ヒロシがやる『大和タイム』は前とは確実に違うと思うんですよ。いろんなスキルを吸収した大和ヒロシによる『大和タイム』を見せられると思うので。更に今ですね、後楽園ホール大会では必ずCheer♡1さんがWRESTLE-1の会場をあっためてくれるんですけど、他の会場に行ったときはどうなるのか?と。やっぱりそこはどうしても空白の時間になってしまうんですね。それを埋められるのって、ボクしかいないと思うんですよ。で、プロレスの大会って選手だけで作る物じゃないんですよ。もちろんスタッフもそうですけど、お客さんも一体となって盛り上げなきゃいけない。今Cheer♡1タイムってそれが凄くできていると思うんですけど、他の会場でそれをやるために、もう一回『大和タイム』をやって。ですから一石二鳥どころじゃないんですよね。ひとつの石で4羽も5羽もたくさんの鳥が落ちてくる。そんな『大和タイム』を今考えているので、是非ちょっと早いうちにその『大和タイム』を始めたいと思っているんですよね。どうでしょう?」

──検討させていただきます。

大和 「と言うか、これ誰かに相談する必要あるんですかね? ボクはやる方向でいるんですけど。はっきり言って試合前の時間って空き家じゃないですか。空いている時間に何をやろうが勝手ですよね?」

──まぁ開場してからリング上に誰もいない時間は結構あります。

大和 「そうですよね? ですからお客さんも手持無沙汰じゃないですか」

──グッズなどをみている人やお連れの方と談笑している人もいますし、席で試合開始を待つ人もいるし、人それぞれだとは思いますが……。

大和 「いや、そこは何かやったほうがみんなのためですよね。あ、これ大事ですね! みんなのためっていうのは。あぁなるほど! やっぱりここはボクの持っている愛にかけて一肌脱ぐ必要がありそうですね! これはボクの新しい挑戦です『大和タイム』じゃないな…うん、『大和チャレンジ』としてやっていきます! これはもう誰かがやらなきゃいけないことだ! WRESTLE-1のためにもお客さんのためにも一肌脱がせていただきますよ! 努力に勝る力なし!」
 
 
記事&画像提供:WRESTLE-1
WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 ROYAL BATTLE WEEKEND』
■2015年5月23日(土) 東京・新宿FACE 試合開始/18:00

[WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者〕
田中稔
vs
TAJIRI
〔挑戦者〕
※田中稔は初防衛戦

[WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
NOSAWA論外&MAZADA
〔挑戦者組〕
※カズ・ハヤシ&近藤修司は7度目の防衛戦

[WRESTLE-1vsDESPERADO/シングルマッチ3本勝負]
浜亮太
vs
パニッシャー・ビッグ・ブルート
※1本目はアームレスリング、2本目は相撲、3本目は通常のプロレスでの試合を行なう。

[WRESTLE-1vsDESPERADO/8人タッグマッチ]
KAI&大和ヒロシ&中之上靖文&アンディ・ウー
vs
河野真幸&KAZMA SAKAMOTOvs土肥孝司&エル・イホ・デル・パンテーラ

[6人タッグマッチ]
船木誠勝&黒潮“イケメン”二郎&芦野祥太郎
vs
AKIRA&征矢学&熊ゴロー

[タッグマッチ]
吉岡世起&村瀬広樹
vs
ジェイ・フレッディー&洞口義浩〈KAIENTAI DOJO〉
 
>