• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.06.01

【WRESTLE-1】黒潮「武藤さんにムーンサルトプレスを仕掛ける」。6・18後楽園で武藤に挑戦の黒潮が意気込み!!

6月1日(月)、都内・GSPメディアセンターにて、Road to KEIJI MUTOを制し6月18日の後楽園ホール大会で武藤敬司とのシングルマッチが決定した黒潮“イケメン”二郎が記者会見を実施。トーナメント決勝での吉岡世起との闘いや、武藤とのシングルマッチに向けての意気込みを語った。

黒潮 「Road to KEIJI MUTO、一昨日の新宿FACE大会で優勝することができました。決勝で吉岡選手と闘ったんですけど、何回もこれ勝てないなっていう場面というか、気迫が凄すぎてこれちょっと勝てないなっていう場面がありました。でもボクがWRESTLE-1に来てちょうど今1年目の節目、どうしても武藤敬司と闘いたい……負けるわけにはいきませんでした。そして武藤さんのムーンサルトプレスで勝つことができました。武藤さんのムーンサルトよりキレイでしたよね? あのムーンサルトプレスをボクは6月18日の後楽園で武藤さんに仕掛けたいと思います。このWRESTLE-1と契約して1年目のシメ、武藤敬司とのシングルで絶対に活躍してみせます。フィニッシュ」

Q.Road to KEIJI MUTOを優勝した反響はありましたか?

黒潮 「反響ですか? たくさんありました。ありがとうございます。嬉しいですね。武藤さんとのシングルでまた更に黒潮“イケメン”二郎というレスラーをより多くの人に知っていただけるんじゃないかな、と思います。そのためにもがんばります。フィニッシュ」
 
記事&画像提供:WRESTLE-1
Q.武藤選手に当然勝ちにいくと思いますが、その勝利をその先の何につなげていきたいですか?

黒潮 「これからの……、イケメンが武藤に勝ったってなったらどうなるんですかね? 想像できないですけど、武藤さんに勝つっていうこと自体がイケメンでもイケメンじゃなくても、これからのプロレス人生、一気にトップに立てるじゃないですか。俺はトップに立つためにプロレスやっているので。勝ちに行きますよ。フィニッシュ」

Q.足を引きずっていましたが?

黒潮 「はい。呪いですか? 武藤さんの。この前の新宿FACEの準決勝で最後のイケメンスパイラスでちょっと膝を打っちゃいました。勝てたので良かったですけど、返されていたら多分これ(武藤のブロンズ像)今ボク持ってないです。まぁこんなケガすぐに治りますけど、武藤さんの呪いだと思っていますんで。とにかく本気で武藤さんに勝ちにいきます。フィニッシュ」

WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 OUTBREAK』
■2015年6月18日(木) 東京・後楽園ホール 試合開始/18:30

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第4代王者〕
鈴木秀樹
vs
近藤修司
〔挑戦者〕
※鈴木は2度目の防衛戦

[『Road to KEIJI MUTO』スペシャルシングルマッチ]
武藤敬司
vs
黒潮“イケメン”二郎

[“new Wild order”入団査定 6人タッグマッチ]
AKIRA&征矢学&5代目ブラックタイガー
vs
5代目ブラックタイガー&葛西純〈FREEDOMS〉&村瀬広樹



>