• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.06.08

【新日本プロレス】「新日本ジュニアを明るい未来に連れて行く!」。KUSHIDAが『BEST OF THE SUPER Jr.XXII』初優勝!!

新日本プロレス『BEST OF THE SUPER Jr.XXⅡ』優勝決定戦
■2015年6月7日(日) 東京・代々木体育館第二競技場 観衆:3,250人(超満員=主催者発表)

[第1試合/タッグマッチ/20分1本勝負]
○ 田口隆祐&小松洋平
(6分55秒、どどん→エビ固め)
✕ 田中翔&獣神サンダー・ライガー

[第2試合/「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」スペシャルシングルマッチ/30分1本勝負]
○ タイガーマスク
(6分24秒、リバースダブルアームバー)
✕ チェーズ・オーエンズ

[第3試合/「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」スペシャルシングルマッチ/30分1本勝負]
○ マスカラ・ドラダ
(9分27秒、ドラダスクリュードライバー→片エビ固め)
✕ バルバロ・カベルナリオ

[第4試合/「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」スペシャルシングルマッチ/30分1本勝負]
○ ボビー・フィッシュ
(11分16秒、ヒザ十字固め)
✕ バレッタ

[第5試合/「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」スペシャルシングルマッチ/30分1本勝負]
○ ロッキー・ロメロ
(11分31秒、横入り式エビ固め)
✕ ニック・ジャクソン

[第6試合/6人タッグマッチ/30分1本勝負]
○ 本間朋晃&天山広吉&小島聡
(10分28秒、こけし→片エビ固め)
✕ デビッド・フィンレー&永田裕志&中西学

[第7試合/タッグマッチ/30分1本勝負]
○ オカダ・カズチカ&外道
(8分39秒、レインメーカー→片エビ固め)
✕ コーディ・ホール&高橋裕二郎

[第8試合/10人タッグマッチ/30分1本勝負]
○ 石井智宏&中邑真輔&矢野通&桜庭和志&YOSHI-HASHI
(16分19秒、垂直落下式→エビ固め)
✕ キャプテン・ニュージャパン&後藤洋央紀&真壁刀義&棚橋弘至&柴田勝頼

[第9試合/「BEST OF THE SUPER Jr. XXII」優勝決定戦/時間無制限1本勝負]
○ KUSHIDA〈Bブロック1位〉
(30分45秒、ボバーボードロック)
✕ カイル・オライリー〈Aブロック1位〉
※KUSHIDAが初優勝
 
オライリーの腕攻めに苦しめられながら、最後はホバーボードロックで逆に腕を固めてギブアップをもぎ取り、初優勝を飾ったKUSHIDA。次は7・5大阪城ホールでケニー・オメガが持つIWGPジュニア挑戦が待っている
コーディに格の違いを見せつけたオカダは、「7月5日、誰とやるんだ? AJ(スタイルズ)だろ。さっさと連れて来い」と、決戦に向けて吠え立てた
この日、G1の出場メンバーが発表され、昨年に続きエントリーが決まった本間。今回は誰かの代役である初めから選ばれているだけに、「試合中、地に足がついてなかった」と喜びの声。しかし、「柴田と石井には負けたくない」といつも激しくやり合う2人に向けて宣戦布告を放った
>