• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.06.20

【WRESTLE-1】孤立無援のKAIに思わぬ援軍! ベルト奪還という共通の目的で近藤が協力!

記事&画像提供:WRESTLE-1
6月19日(金)、都内・GSPメディアセンターにて、7・12後楽園ホール大会で鈴木秀樹の保持するWRESTLE-1チャンピオンシップへの挑戦が決定したKAI選手が会見を実施。その意気込みを語った。

KAI 「今回の挑戦に関して、正直誰も納得していないと思います。ファンの人もそうですし、会社もそうですし、もしかしたら武藤さんも納得していないかもしれないです。凄く今自分自身、孤独感を感じています。でもこれはもう自分が招いたことですし、自分が負けてベルトを失ったからこそこうなっていると思っているので。もう自分が負けて、ベルトを失って、また挑戦できるというこのチャンスは2度とないと思っているので。もう絶対に負けられないですし、必ず取り返したいと思います」

Q.前回のタイトルマッチと同じような結果にならないように何か考えていることはあるのでしょうか?
 
KAI 「そうですね。もう何回もシングル以外でも闘っていますし、他の挑戦者と闘った映像もあるので。これからじっくりそういう部分は対策を練っていきたいと思います」

Q.覚悟の示し方として、ご自身の髪の毛を自ら切るという行為を見せましたが、正直なところお客さんの反応は薄いように思えましたがいかがでしょうか?

KAI 「自分の今の状態で鈴木秀樹に直接見せること、そして皆さんに見せるものっていうのがもうこの髪の毛しか自分にはないと思ったので。強引かもしれないですけども。そういう気持ちを皆さんに知ってもらいたかったのでそうしました」

―ここで会見の様子を見ていた近藤修司が立ち上がる―

近藤修司選手
「ちょっといいですか、みなさん。突然失礼します。KAIよ、おまえ最初に誰も味方していないって言っていたよな。まさにおまえの言っている通りだよ。誰も期待してねぇよ。誰もおまえが獲れると思ってねぇしよ。それをおまえ、感じてるんだろ? おまえが一番感じないとダメだぞ? でもよ、俺昨日鈴木とやって、わかったことがあるんだよ。アイツから俺ベルトを獲る方法知ってるんだよ。俺はアイツに負けたけど、アイツからベルトを獲る方法を知ってるんだよ。まあ別にKAIと共闘したいとかそういうわけじゃないよ。ただ今この団体において一番大事なこと、鈴木からウチのベルトをひっぺがして自分の団体にあのベルトを持ってくることだよ。それが一番大事なんだよ。おまえもそれわかってるんだろ? 別におまえに共闘するとかそんな気はサラッサラないけど、おまえにその気があるんだったら俺はおまえにアイツの倒し方教えてやるぞ? おまえ勝ちたいんだろ!? なぁ? もちろん所属のヤツらは誰も俺のこと味方しねぇと思うよ、おまえの味方するなんて。誰も認めてないんだから、おまえのこと。でもよ、俺昨日負けてわかったんだよ。アイツからベルトを獲りかえすことが一番大事なんだよ、この団体において。おまえ悔しかったんだろ? ずっと。くすぶってたんだろ? 勝ちてぇんだろ!? どうすんだよ? やんのか? やらないんだったら俺このまま帰るよ。どうすんだよ、おまえ。俺はいつでも協力するぞ? もしかしたら俺ひとりかもしれないけどよ。アイツからベルト獲るためには何でもするぞ? どうすんだ?」

KAI 「やります。よろしくお願いします」

近藤 「やるぞ。必ずベルト獲れよ。共闘じゃないからな。おまえがベルト獲ったらそのベルトに俺が挑戦するからな。とりあえずこの団体に今一番大事なことはあのベルトを獲りかえすことだからな」

―近藤が退席―

KAI 「近藤さんが言ったこと、本当にごもっともですし本当に取り返したいので。近藤さんに、ボクはお願いしたいと思います。必ず、必ず俺が取り返します」

WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 SYMBOL』
■2015年7月12日(日) 東京・後楽園ホール 試合開始12:00

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第4代王者〕
鈴木秀樹
vs
KAI
〔挑戦者〕
※鈴木は3度目の防衛戦

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
征矢学&葛西純
〔挑戦者〕
※カズ&近藤は8度目の防衛戦
>