• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.06.22

【WRESTLE-1】新“new Wild order”結成レセプション!! 4人体制となったワイルドの今後の展望とは!?

記事&画像提供:WRESTLE-1
6月22日(月)、都内・WRESTLE-1事務所にて、7・12後楽園ホール大会でタッグ王座に挑戦するnew Wild orderの征矢学&葛西純が挑戦に向けての会見を行うはずだった。しかし、会見は急遽、新メンバー・葛西が加わったことを記念し、AKIRA&熊ゴローを含めた「new Wild order レセプション会」に変更となった。以下、その模様をお届けする。


征矢 「本日はご来場、誠にありがとうございます。今回こうしてですね、新メンバー加わりまして。new Wild order、このメンバーでやっていきたいと思っております。ということで今回は、皆様new Wild orderレセプション会にお集まりいただき、誠にありがとうございます。ここでですね、再出発を記念してレセプションをさせていただきますのでお時間をください」

―ここで4選手が机を移動させ、征矢が司会に原稿を渡す。更に征矢と葛西が紅白のテープを張り、AKIRAと熊ゴローが「ワイルドレセプション」と書かれた紙を貼る。その後、4選手が白い手袋をはめ、ハサミをもって整列した。

司会 「…よろしいでしょうか? それではこれより、テープカットに移りたいと思います。皆様、準備がととのったようでございます。私が『どうぞ』と申しましたらテープにハサミをお入れください。それではnew Wild orderの結成です。どうぞ」

―4選手がテープにハサミを入れる

征矢 「new Wild orderの新たな出発に、皆さん拍手お願いいたします!」

葛西 「拍手だよ、オイ」

―机を戻し、会見は続く
征矢 「まぁ新たなですね、このメンバーでやっていくということでレセプションをやらせていただきました。今後ですね、我々new Wild order、勢力を拡大しましたので。今後ともWRESTLE-1ならず、世界中のプロレス界以外にも露出していきたいと我々思っていますので。まずはWRESTLE-1内でワイルドをもっと広めていきたいなと。今後のnew Wild order、このメンバーでやっていきますので、ご期待ください。よろしくお願いいたします」

―以下各選手会見上でのコメント

AKIRA 「そうですね。new Wild order新たに葛西選手が入ったということで。このプロレス界的に発信力は十分だと思うので。この葛西選手が加わったことでね。我々new Wild orderの活躍により一層拍車が掛かり、燃えるものを皆さんにご提供できると思います。楽しみにしていてください」

葛西 「晴れて、先日の後楽園ホールで行われたワイルドオーディションの査定試合に見事合格しまして、正式にnew Wild order入りした葛西純です。まぁオレっちもね、デビューして17年になりますが今まで本当に良いことありませんよ、プロレス界入って。某破壊王の付き人やったり、某破壊王の付き人やったり…そうだな、後は某破壊王の付き人をやったり、本当ね、暗黒時代が続いていましたよ」

征矢 「3回も言いましたね。(AKIRAに向かって)同期じゃないですか?」

AKIRA 「そりゃ大変だ……並々ならぬ苦労したと思うよ」

葛西 「まぁそういう時期もありまして。このオレっちにもいよいよ日の当たる時が来たと。ワイルド入りしてね。このnew Wild order、聞くところによると、早くもアメリカでは我々のTシャツをパクって売っているそうじゃないですか。nWoとかいって」

征矢 「まじか!? そんなヤツらがいたとは……」

葛西 「まぁアメリカは日本の10年先を行っているとい言いますけど、10年前からやっているらしいですよ?」

征矢 「10年前からですか?……まぁでも我々はパクられても全然臆する気持ちはありませんので。いくらでもパクってくれと。それがワイルドだよ」

葛西 「まぁね、オレっちもはっきり言ってこのWRESTLE-1におちゃらけしに来たんじゃないんだよ。次のタイトルマッチはガッチリ征矢ちゃんとベルト獲らしていただきます」

熊ゴロー 「先日の後楽園ホール大会、試合終わった後に征矢さんから正式に入団を許されました熊ゴローです。自分はまだキャリアが4カ月になりますが、一番キャリアが短いっていうのを言い訳にせずにnew Wild orderの中で一番目立てるようにこれからがんばっていきたいと思います。よろしくお願いいたします」

―以下質疑応答

Q.葛西選手が加わって一番期待できることはなんでしょうか?

征矢 「ワイルドのジャンルとしてはいろいろあるんですね。例えばデスマッチ的な。それは葛西さんのワイルドの味なんだと思います。まぁそういういろんなワイルドが組み合わさった中で、ワイルド同士が化学反応を起こす訳ですよ。そうするとですね、次の7月12日のタイトルマッチ、純ちゃんと学ちゃんで挑戦させてもらうんですけども、まぁそのことに関してはこれが理想のワイルド像というもの見せれるんじゃないかという気持ちですね」

熊ゴロー 「征矢さん、ちょっといいですか? 征矢さん挑戦するんですか?」

―以下、葛西のパートナについて揉めている様子―

征矢 「学ちゃんと純ちゃんで、そうですよね?」

葛西 「うん」

熊ゴロー 「え? 学ちゃんと純ちゃんで挑戦するんですか? いや、純ちゃんはわかりますけど、学ちゃんはちょっとあれ? おかしいな……」

征矢 「なんで?」

熊ゴロー 「勝手に……」

AKIRA 「言われてみればそうだよな。なんかさらっと学ちゃんと純ちゃんになっちゃったけど」

征矢 「おかしくないよ。正しい判断だと思いますよ。一番正しい判断だ、これは」

AKIRA 「いや、成り行きでなっちゃったような気がするよな」

征矢 「純ちゃんと学ちゃんが一番……」

AKIRA 「いや葛西さんはいいよ」

熊ゴロー 「そうですよ。なんで征矢さんなんですか」

AKIRA 「なんでもうnew Wild orderの代表です、みたいになってるんだよ」

葛西 「なんでだよ?」

征矢 「あれ? 違うのか? おかしいな……。でもわかんないですよ。そもそもこれ挑戦するじゃないですか。万が一我々が負けた場合は次チャンスじゃないですか」

AKIRA 「何を言ってるんだ。負けることを考えて試合するヤツがいるかって話だろ」

葛西 「正論だ」

征矢 「保険を考えとかないといけないんですよ」

AKIRA 「意外と手堅いな」

葛西 「ワイルドじゃねェじゃねぇか!」

征矢 「いや、ある人が言っていたんですよ。わけのわからないワイルドの人が昔。保険をかけないとダメだって。それを思い出したんですよ。考えてみたら、ボクと純ちゃんがやって負けた場合に、闘い方とかも勉強できるじゃないですか。次だからノガちゃん純ちゃんで挑戦する場合に、『お、この間これやっていたから絶対にかからないぞ』って。作戦ですよ」

AKIRA 「意外と作戦とか立てるんだな」

征矢 「ボクは先鋒ですよ。ノガちゃん次鋒。納得できるでしょ?」

AKIRA 「うーん、熊的にはどうだ?」

熊ゴロー 「全然納得できないですよ。なんで征矢さんが一番最初に挑戦するんですか」

征矢 「2番目はノガちゃん純ちゃんで、次に純ちゃん熊ちゃん」

熊ゴロー 「なんで勝手に決めちゃうんですか」

征矢 「じゃあ良いよ。次の次期パートナーを賭けてシングルマッチで決着つけろよ」

AKIRA 「なに? ちょっと待って? 待て待て待て! なんかそれとんだとばっちりのような気がするな」

熊ゴロー 「自分は保険ってことですか?」

征矢 「保険の保険だよ。保険に入るまでにいろいろ記入することあるだろ? その段階だよ。その次期パートナーを決める試合に勝ったら保険じゃん」

AKIRA 「おい、大丈夫か? 気をつけろ。よく考えないとコイツのペースにはまるぞ?」

征矢 「わかりますか? もうボクら次期挑戦者です。だからもし我々が負けた場合、純ちゃんとノガちゃんなのか、純ちゃんと熊ちゃんなのか。だから純ちゃんのパートナーを2人で決めればいいんですよ。じゃあこれでいきましょう! 良いですよね!? やりましょう!」

AKIRA 「…う…ん、まぁやろうぜ! がっちりいこう!」

熊ゴロー 「……はい」

征矢&葛西が敗北した場合、AKIRAと熊ゴローの勝者が次の葛西のパートナーとなってタッグタイトルに挑戦すると勝手に言いだしたワイルドの面々。AKIRAと熊ゴローの一騎打ちも決定し、ますますわけのわからぬ方向に進んでいこうとしている……。

WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 SYMBOL』
■2015年7月12日(日) 東京・後楽園ホール 試合開始12:00

【追加対戦カード】
[シングルマッチ]
AKIRA
vs
熊ゴロー

【既報対戦カード】
[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第4代王者〕
鈴木秀樹
vs
KAI
〔挑戦者〕
※鈴木は3度目の防衛戦

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
征矢学&葛西純
〔挑戦者〕
※カズ&近藤は8度目の防衛戦
 
>