• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.07.06

【WRESTLE-1】泰然自若の王者・チーム246、対するワイルドはまたも揉めごと……。W-1タッグチャンピオンシップ会見!!

記事&画像提供:WRESTLE-1
7月6日(月)、WRESTLE-1は都内・GSPメディアセンターにて、7・12後楽園ホール大会でWRESTLE-1タッグチャンピオンシップを闘う、王者組・カズ・ハヤシ&近藤修司と挑戦者組・征矢学&葛西純の記者会見を行なった。途中、AKIRAと熊ゴローも会見に現れ、揉めだすワイルド。果たしてタイトルマッチの行方は如何に!?

カズ 「今回のチャレンジャーがどこまでタッグチームとして成り立っているのか不安なところではあるんですけど、WRESTLE-1に新しい風というかそういったものを持ち込んでくれて。しかも葛西選手という今までいろいろな実績を作ってきた選手と闘えるということがボクにとって新たな挑戦と言いますか、そんな気持ちになっています。これで身を引き締めてまた新たな246伝説というものを作り上げたいと思っています」

近藤 「新しい“new Wild order”と言っても“new Wild order”、何回闘っているんですかね? 征矢&野上組でしたけど、何度も闘って何度も心ごと打ち砕いてきたはずなんですけど、また挑戦できるという……。本当は気が弱いくせに強気な征矢というか、そういうバカみたいなところは脅威に感じていますし、はっきり言ってゾンビみたいなものですよね。まあ今回はパートナーが葛西選手に変わったんですけど、新しい“new Wild order”、何が変わったのかって考えてみると妙なまとまりが感が出てきたというか。実はバラバラのようで、以前の“new Wild order”に比べて変なまとまりも出てきたと感じますね。まあただ征矢がコンディションがあまりよくないみたいなので、ポイントは征矢なのかなと思います。でもどっちにしろボクらは今まで通り闘うだけです」
 
征矢 「この度、7月の12日に後楽園ホールでWRESTLE-1のタッグのベルトに挑戦することが決まりました! まあタッグに関してはこの246とは個人的には何度も。純ちゃんは今回初めてなんですけど、ボクとしては……」

―ここで会見場にスーツ姿のAKIRA&熊ゴローが現れ、葛西の横に並ぶ。征矢は両選手の登場を意に介さず話を続ける。

征矢 「自分の気持ちとしては、“new Wild order”として新しく発進するということで、どうしてもタッグのベルトは必要になってくるわけでございます。まあこちらに246、実はこちらのお二人、今あまり仲のほうがよろしくないんではないかと。この間の試合後にそんな一面があったので、実は今このお二人には隙間ができているのではないかと。その隙間をワイルドに侵食して色を変えてやろうかと。ワイルドカラーに染めてあげられたらこのタッグのベルトはとれるのではないかと思います。その隙間を狙っていきたいと思っております」

葛西 「先日の新宿FACE大会で日本の誇るこのタッグチーム、“チーム246”と当たったんですけど、まあいけるかな、と。この間の試合の終盤でも出しましたが、学ちゃんとオレっちのロングホーントレインならぬワイルドトレイン。学ちゃんバージョンと純ちゃんバージョン、あれが連続で決まれば間違いなく勝てるかな、と。オレっちはそう思っていますよ。まあ12日のタッグタイトル、学ちゃんも言っていましたけど246のタッグチームとしての絆が崩れかけているその隙間を学ちゃんとオレっちの連携、ワイルドトレインでボロボロに砕いてベルトを奪取します。これは冗談でもハッタリでもないので。以上」

―質疑応答に移ろうとするが、AKIRAが遮って話を始める

AKIRA 「ちょっとまって、俺たちいるんだから。学ちゃんよ、俺たちに触れてくれないの? ちょっと、なんだよオイ。いやいやいや、せっかく来たんだから紹介してよ」

征矢 「今ここには4人しかいません」

AKIRA 「見えてるだろここに! いるだろちゃんと! 言っとくけど俺はまだチャンピオンシップ闘う気でいるからな。なんてったって大臀筋、筋断裂しちゃったんでしょ?」

熊ゴロー 「足ケガしたらしいじゃないですか!」

征矢 「切れてないよ。病院の先生から無理をなさらずにとお達しをいただいたので」

葛西 「ちょっと学ちゃん、病院行ってるの? 全然ワイルドじゃねェじゃねぇか。何それ? 話変わってくるじゃん」

征矢 「え? いやだって人間ですよ、我々は」

AKIRA 「人間が行く病院行ったの? 君の場合は獣医でしょ?」

征矢 「われわれは二足歩行なので筋肉の質も変わってきます。だから普段から人間を見ている先生に診てもらうのが理想なんですよ」

AKRIA 「うん、でどうだったの?」

征矢 「いや大丈夫です。医者の許可も得ています。何の問題もありません」

AKIRA 「でも俺は最後の最後まで出場諦めていないからね」

熊ゴロー 「自分もです」

※パートナーについて、しいてはプライベートな話がしばらく続くので割愛。

―以下、質疑応答―

Q.征矢選手は医師の診断を受けたとのことですが、具体的にどのような回答だったのでしょうか?

征矢 「まあ激しい運動はやめてくださいと言われました」

AKIRA 「なんだよ、オイ!」

熊ゴロー 「激しい試合するでしょ!」

征矢 「運動はいいんですか? って聞いたら運動はいいよって言われたので。それはお医者さんの“いいよ”っていう判断をいただいたということで。激しい運動をしないように頑張ります」

葛西 「大丈夫か?」

征矢 「お医者さんがオッケーとのことなので」

Q.チャンピオンチームは隙間を狙うと言われていますが如何でしょうか?

カズ 「何年も組んでいるのでそこは問題ないです」

近藤 「まあそれとこれとは別の話ですから。試合に関して隙間というものはないですよ。試合を観てもらってもわかると思いますけど。隙間って、KAIとカズさんの間にあるだけで、ここは関係ないので」

カズ 「そうそう、ボクとKAIの話なので」

Q.タイトルマッチでは葛西選手と初めて当たりますが、どのような印象をお持ちでしょうか?

カズ 「実は結構前に試合をしておりまして。タイトルマッチとかではないですけど。イメージ的にはデスマッチのイメージがあったんですけど、力強いテクニシャンって感じですかね。またここで出会ったか、みたいな感じです。楽しみにしています」

近藤 「ボクはほとんど絡みはなかったんですけど、やっぱりキャリアですよね。いろんなところを渡り歩いていろんなところで試合をして。そういう引き出しを持っているっていうのがちょっと当たっただけでも感じられる選手ですね。まぁそれに付け加えて意外とパワーがあるんだと。ちょっとナメてましたね。ラリアットいったら逆に吹っ飛ばされたんで。そこは一回当たっといてよかったと思いますね」

Q.葛西選手は今回のタイトルマッチはどのように闘うのでしょうか?

葛西 「そんなのね、当日にならないとわからないですよ、正直。ぶっちゃけトーク。あなた女の人と営みする時、あれこれ作戦たてますか? 最初はどこ行ってとか。そんな作戦たてないでしょ? それと一緒。当日リング上がらないとわからないですよ」

征矢 「俺、約1名知っている人で、作戦たてている人知っているんですよ」

葛西 「そんな強者がいる!? 誰だよ?」

征矢 「うちのメンバーのひとりですよ」

―AKIRAを征矢が見つめる

AKIRA 「なんでだよ?」

葛西 「作戦立てるとか全然ワイルドじゃないよ!」

※このような話がしばらく続いたので割愛。

Q.AKIRA選手が今日会見にいらっしゃったのはどういった理由なのでしょうか?

AKIRA 「いや、挑戦表明のチャンスがあるかなと思って熊と一緒に来たんだけど、今日は俺ら邪魔だったな」

Q.今“new Wild order”が挑戦者を争って揉めているように見えますが、チャンピオンチームはどのように感じていますか?

カズ 「……何もないですね。征矢選手が来るのだと思っているので。そんなこと(足のケガ)で休むヤツだと思っていないし。それから先ですよね。ボクらと闘ったあとの問題なので。それが彼らにとっては重要なことなんじゃないかと思います」

近藤 「やっぱりね、今の流れを見てても今までの“new Wild order”と違って最後がグダらないんだよ。なんかなんとなく今まではグダってケツのないカタチで終わってたんだよ。でもやっぱり葛西選手が入って変わったんだよね。そのまとまりが今までの“new Wild order”とは違うと俺は感じていますね」

征矢 「ありがとうございます」

葛西 「どこをどう見て争っているように見えるんですか? 決まってますから。この二人(AKIRA、熊ゴロー)はコミュニケーション」

WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 SYMBOL』
■2015年7月12日(日) 東京・後楽園ホール 試合開始12:00

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔第4代王者〕
鈴木秀樹
vs
KAI
〔挑戦者〕
※鈴木は3度目の防衛戦

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者組〕
カズ・ハヤシ&近藤修司
vs
征矢学&葛西純
〔挑戦者〕
※カズ&近藤は8度目の防衛戦

[WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者〕
田中稔
vs
吉岡世起
〔挑戦者〕
※田中は5度目の防衛戦

[スペシャル6人タッグマッチ]
藤原喜明&大和ヒロシ&芦野祥太郎
vs
グレート・ムタ&ザ・グレート・カブキ&TAJIRI

[スペシャル6人タッグマッチ]
藤原喜明&大和ヒロシ&芦野祥太郎
vs
グレート・ムタ&ザ・グレート・カブキ&TAJIRI

[WRESTLE-1 vs DESPERADO6人タッグマッチ]
浜亮太&村瀬広樹&ジェイ・フレディー
vs
NOSAWA論外&MAZADA&高橋匡哉

[シングルマッチ]
AKIRA
vs
熊ゴロー
 
>