• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.08.03

【WRESTLE-1】1回戦負けのKAIに辛辣な声も……『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015』準々決勝進出者6名が会見!!

画像&記事提供:WRESTLE-1
8月3日(月)、都内・GSPメディアセンターにて、昨日のWRESTLE-1埼玉・春日部ふれあいキューブ大会(昼・夜)で開催された『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015』の1回戦、2回戦を勝ち上がった6選手(田中稔、TAJIRIは欠席)が記者会見を行なった。

―以下選手コメント―

【カズ・ハヤシのコメント】
「昨日の春日部大会、昼の大会で最初にAKIRA選手と闘って、上がって大和選手に勝つことができ今回新宿FACEに駒を進めることができました。今回はですね、KAZMA選手にだけ重点を置いて今から自分の中でKAZMA攻略モードというものになれるので、今までトーナメントで上がっていく大変さというか…一点だけに絞れるので、初めての闘いなんですけど勝つことができるかな、と。まぁ頭の中で攻略しています」

【KAZMA SAKAMOTOのコメント】
「このトーナメント、いやトーナメントはいい試合しようが凄い試合しようが意味ないと思うんで。このトーナメント、必ずどんな手を使っても勝たなきゃいけない。DESPERADOのKAZMA SAKAMOTOとしてどんな手を使ってでも勝ちます」

【近藤修司のコメント】
「対戦相手きてませんが、はっきり言って田中選手とは相性が悪いです。たぶん生涯戦績でも勝ってないのかもしれないですね。それぐらい相性の悪い相手なので、次の新宿FACE大会をクリアすることだけに集中したいと思っていたのですが、昨日の春日部大会。夜のメインイベントのKAIの試合を観てね、ちょっと情けないなと思っています。それに加えて試合後のコメント。勝ったか負けたかわからないなんてことを言っていたので、そこには腹が立っています。……まぁ次の新宿FACEに集中したいと思います。で、優勝してKAIのベルトをやっぱり獲らないといけないとつくづく感じました」

【黒潮“イケメン”二郎のコメント】
「昨日、あのチャンピオン、KAI選手に勝った黒潮“イケメン”二郎です。次の対戦相手はTAJIRIさんということで。まぁもともと師匠でもあるTAJIRIさんとのシングル、ボクは絶対“タランチュラ”で勝ちます! フィニッシュ」

【征矢学のコメント】
「対戦相手がデビューして6カ月経った若い選手ということで、気持ち的には余裕の部分があるんですけど、昨日の試合のニセモノのチャンピオン。KAI選手が足元をすくわれるということも見せられましたので、余裕をこいてるだけでは足元をすくわれてしまうのではないかと。一戦一戦ちゃんと相手が誰であろうがガッチリと勝利を掴みたいなと。まぁいいお手本を昨日KAI選手には見せていただきました。ということで、次の芦野選手にはガッチリいきたいなと思います」

【芦野祥太郎のコメント】
「昨日のトーナメント1回戦でNOSAWAさんに勝ったのですが今でも実感がわかないです。次の新宿FACE大会では征矢さんに胸を借りるつもりでぶつかっていきたいと思います」

―以下質疑応答―

Q.黒潮“イケメン”二郎選手はタランチュラで勝つとおっしゃいましたが、それは難しいのではないでしょうか?

黒潮 「はい、時間差でツッコんでいただいたんですけど、まぁタランチュラをかけてやるというか、反則を使ってでも絶対に勝ちに行く、師匠を超えてみせるという意味での“タランチュラで勝つ”でした。フィニッシュ」

Q.昨日KAI選手が敗れたこともあり、近藤選手からベルトへの挑戦という言葉がありましたが、他の選手はKAI選手に思うところやベルトに挑戦したいなどは考えているのでしょうか?

カズ 「このトーナメントに参加しているということがチャンピオンとしてどうなんだろうというようなこともあったんですけど、ボクの中ではこのトーナメントで勝ち上がった者が挑戦権を得るというよりは、このトーナメントで勝ち上がった者が真の王者だと思っているんですよ。彼が負けたということはそういうことだということです」

征矢 「まぁそもそもヤツがベルトを流出して自分のケツを吹いた状態でベルトを持っている。正直武藤さんから獲ったというのもマグレだと思いますね。ただ俺の中でヤツがベルトを持っていること自体がWRESTLE-1の負のオーラになっているんじゃないかと。それを一刻も早く打破するために、ヤツがベルトを持っているよりもほかのヤツが、いや俺が持っているほうが良いんではないかと。そういう気持ちはありますね」

黒潮 「昨日ボクがKAIさんに勝ったわけですけども。でも最後の丸め込みまでずーっとやられたい放題で。でも勝ちは勝ちなんで。あれタイトルマッチだったらボク今チャンピオンですからね。フィニッシュ」

芦野 「昨日セコンドで試合を間近で観ていたんですけど、団体のチャンピオンとして3カウント獲られてしまうのは、ボクはよくないなと感じました」

KAZMA 「特にないですけど、負けたのは弱いから負けたんじゃないですかね? 以上です」

WRESTLE-1の王者・KAIが初戦で敗退する波乱が起こった『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015』。果たして頂点に立つのはどの選手なのだろうか?


WRESTLE-1『WRESTLE-1 TOUR 2015 FLASHING SUMMER』
■2015年8月8日(土) 東京・新宿FACE 試合開始/18:00

[WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015 準々決勝/時間無制限1本勝負]
カズ・ハヤシ
vs
KAZMA SAKAMOTO

[WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015 準々決勝/時間無制限1本勝負]
田中稔
vs
近藤修司

[WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015 準々決勝/時間無制限1本勝負]
TAJIRI
vs
黒潮“イケメン”二郎

[WRESTLE-1 GRAND PRIX 2015 準々決勝/時間無制限1本勝負]
征矢学
vs
芦野祥太郎
 
>