• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.04.01

年金未納が犯罪になる!? 近未来SFアクション大作! 須田信太郎先生の名著『年金未納者ミャーキ』が電子版で絶賛配信中!

2007年~2008に「月刊コミックビーム」(エンターブレイン/KADOKAWA)で連載していた須田信太郎の未刊行作品『年金未納者ミャーキ』が待望の電子書籍化!
電子書籍での初刊行にあたり書きおろし短編作品『2017年の年金未納者ミャーキ』も収録。
【特設サイト】http://www.dbookfactory.jp/myaaki/
【ストーリー】
国民年金を払わない者には、容赦ない仕打ちが待ち受ける近未来のディストピア。金持ち老人たちは医療科学の力で若返り、「もう1回青春ランド」で失われた青春を謳歌する。
一方、金もなく年金を払えない若者たちは、そんな老人たちを支えるための労働力としてブラック企業以上の重労働を課せられる。極限まで追い込まれた若者たちの怒りの導火線に火がついた瞬間、溜めこんだフラストレーションが暴発する!
夢と現実の狭間で苦悩するボンクラたちを描き続けてきた須田信太郎が、ゲバ棒ではなくペンを握りしめて団塊の世代に仕掛けた世代間闘争!
【推薦コメント】
巨大な物語が、マンガならではの構図で見事に整理され、恐るべきスピードで展開される。
リアルな肉体が躍動する。ブルースが聞こえる。いい女に胸がときめく。
須田信太郎はプロレスラーだ。たとえば天龍源一郎のような。

ノンフィクション作家 柳澤健
(『1984年のUWF』『1976年のアントニオ猪木』著者)

須田信太郎(すだ・しんたろう)プロフィール■1969年1月30日、静岡県出身。ハロルド作石のアシスタントを経て大学4年時に『トレンド バスターズ』にて講談社第25回ちばてつや賞大賞受賞。別冊ヤングマガジンにて『江戸川ハートブレイカーズ』を連載。『ウルティモスーパースター』『地下鉄のランナー』『淀川ハートブレイカーズ』(作画担当)などを発表。過去作品を続々と電子書籍化している。 twitterアカウント: @jimiri
 
>