• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.05.16

みうらじゅんの[自分洗脳]『KAMINOGE』Vol.66は5月下旬発売!!



I don’t believe me
みうらじゅんの[自分洗脳]


『KAMINOGE』(かみのげ)vol.66
発売日:2017年5月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版



■みうらじゅん
KAMINOGE KING OF SUBCULTURE
あらゆる“入り口”を作ってきたサブカルの帝王が 
いまだに「褒められるよりもウケたい」と思う理由

「童貞期に自分でつけた価値判断が 
間違ってるかもしれないと、
わざ
と嫌いなこととか向いてないと 
思ってたことをやってみる。 
基本、自分を信じてないから
いろいろ広がるんじゃないですかね」


■追悼・阿部四郎~ブル中野
KAMINOGE MEMORIAL
さらば心やさしき“極悪レフェリー” ブル中野が語るその素顔──

「極悪同盟のみんなが 
がんばっていれば阿部ちゃんの
名前もずっとなくならない。 
阿部ちゃん、これからもどこかで
見守っててね!」
 

◼︎中井
祐樹×菊田早苗
KAMINOGE PANKRATION ROAD
かつてのプロレス少年たちが切り開いた
 “総合格闘技”という新ジャンル! 
混沌としていた90年代の格闘技界に刻んだ苦闘の記録 ! !

「プロレスを信じていたし、 
大人になって信じていたものとは
違うことに気づいたけど、 
『信じて良かった』というのが 
いま
の気持ちです」(中井)
「ボクは総合格闘技を 
やっている人たちは変態の集まりだと
思ってたんですよ」(菊田)


■菊地成孔×佐藤大輔
KAMINOGE CHOUDOII LIFE
こちらが老いてもなお、いいなと思えるRENAと美憂。
現代のテーマは過剰にエモくさせない“ちょうどよさ”である

「RIZINは佐藤Vのない 
“PRIDEリボーン”だと思ってました。
佐藤Vが佐藤Vに見えないっていうのは 
センスのいいことで“ちょうどいい”ですよ」



◼︎KINGレイナ×大井洋一 
[大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第11戦]
その強烈なキャラクターと実力でジョシカク最前線に躍り出た!
チュッパチャップス+悪態を武器にする“天性の女優”の素顔に迫る

「みんながみんな同じじゃ 
つまらないじゃないですか?
格闘技も自己プロデュースの 
やり方次第だと思いますから」


■矢地祐介
KAMINOGE CHOOSE LIFE
間違いない実力とスマイリーフェイスのギャップがたまんね~! 
次代
のMMAスターが語る、これまでの人生とかあれこれ☆

「そもそもPRIDEとかK-1に
 興味を持つようになったのは
『キッズ・ウォー』っていうドラマですよ。
主人公の少年がめっちゃケンカが 
強くてカッコよくて、そこから格闘技に
入っていったんです」


■真珠・オークライヤー
KAMINOGE NEXT GENERATION
伝説の女芸人・野沢直子の長女がRIZINに電撃参戦! 
受け継がれし“クレイジー一族”の遺伝子!!


「お母さんはずっと 
エンターテインメントの世界で
生きてきた人です。 
だから私もお母さんの
一部を持ってリングに 
入っていくと思います」


■真説・佐山サトル〜タイガーマスクと呼ばれた男の真実〜
第15回「虎ハンター」
文:
田崎健太


■大型新連載『キミって新日本とか全日本って人?』


■玉袋筋太郎「“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダー変態座談会」

「〝ウチの刺客〞が帰ってきてくれた!」両国の暴動事件より約30年!
たけしプロレス軍団が奇跡の再会!!



■マッスル坂井
巻末シリーズ拡大版
[5・28DDT後楽園ホールでスーパー・ササダンゴ・マシンの復帰が決定]
5月4日、
マッスル坂井が飯伏プロレス研究所に
新必殺技の開発を発注。

「復帰するにあたって何かインパクトというか、
新たな必殺技みたいなものが
必要
だと思ったんだけど、
まったく思いつかないんですよ!!」


■大人気連載!
★ 五木田智央の画画画報
★『鈴木みのるのふたり言』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』 
★兵庫慎司『プロレスとまったく関係なくはない話』

[COMIC]

★古泉智浩 『仮面サンクス』
 
>